エナメル質を修復し歯を白くする方法とその効果について

歯の色が良くないことで悩む人は多いですが、歯の表面を覆っている部分で特に固い部分がエナメル質です。エナメル質はカルシウムやリンが主成分で、神経もありませんので、虫歯になっても痛みを感じることはありません。
そしてエナメル質の下には象牙質がありこちらには神経があり、ここまで虫歯が進むと痛みを感じるようになります。

虫歯のはじまりはエナメル質が溶かされることがあげられ、虫歯が進行するだけではなく、歯の色を悪くすることにもつながります。それゆえ、歯を白くする方法としては、エナメル質の強化は欠かすことができません。
一度溶けてしまった場合はもう元に戻らないのではというイメージもありますが、唾液の力によって再石灰化が行われます。

歯を白くする方法としては、再石灰化を進めることが大事ですが、手軽に行える方法ではガムを噛むことがあげられます。ガムを噛むとそれだけ唾液が多く出ますが、そのときもキシリトールガムを選んでおくと虫歯の予防に役立ちます。
間食を控えることも再石灰化の時間を長くすることもできますので、歯を白くする方法としても間食を控えることも取り入れてみてはいかがでしょうか。

さらに歯を白くする方法としては、食後に歯磨きをし虫歯菌を減らすということがあげられます。エナメル質が再石灰化するときは唾液からカルシウムやリンを取り込むこととなりますが、フッ素を加えるとよりその取り込みも良くなります。
歯磨き剤の多くにはフッ素が配合されていますが、より効果を高めるなら歯科医院で高濃度のフッ素を塗布してもらうこともおすすめです。